2016-06

STRAW HAT, 30 SEEDS / GABBY & LOPEZ

41MMeLRigwLBGMで季節感を出そうというわけでもないのですが、なんとなく「この時期は、こればかりかけてるなあ。」という曲は確かにあります。

Natural Calamity の森俊ニと、Tica の石井マサユキ両氏による別名儀ユニット GABBY & LOPEZ の1st アルバムは、いつもの彼らの爽やかな印象とは違って、どことなく気怠い雰囲気。⑤の29分25秒の長テイクは、だらだらと続く梅雨の長雨にまさにぴったり。本人たちは全くそんなつもりで作ってはいないとは思いますが・・。

でも梅雨が明けて「海の日」が来ると、不思議と「また来年ね。」となります。

Label : P-VINE
Country : JAPAN
Released :  2004

Posted on 2016-06-27 | Posted in BLOG, CDComments Closed

 

グレンカダム 14年 オロロソ・シェリー・カスク

R0007388いよいよ梅雨に入ってきました。これから約1ヶ月、なんとか乗り切りましょう。

八百屋さんでは梅酒作り用の梅が並んでます。そして必ず一緒に並ぶのが「赤じそ」。八百屋のおかみさんのご提案に従って、カクテル用「赤じそジュース」を作ってみました。とっても綺麗な紅紫色に仕上がってます。焼酎はもちろんウォッカやジンなどの割り飲料として使えます。お好みでどうぞ。

今月のセレクト酒
マディラ
・エンリケシュ&エンリケシュ フルリッチ(蒸し暑い時はむしろ甘口が合う。緯度的にはアフリカに近いマディラ島の酒精強化ワイン。)
ラム(ニカラグア産)
・フロール・デ・カーニャ 12年(180リットルの小樽熟成。)
シングルモルトウイスキー
・グレンカダム 14年(オロロソ・シェリー樽によるフィニッシュ。初入荷のカダム。)
・カリラ 7年(モリソン&マッカイ カーンモア・シリーズの若目のカリラ。ソーダ割りも良し。)

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

Posted on 2016-06-20 | Posted in BLOG, お知らせComments Closed

 

学士会館

R0007363「なんとか会館」という建物を見つけると、無性に中を覗いてみたくなります。会館フェチとでもいうのでしょうか。
学士会館は、もともと旧帝国大学(現在の国立七大学)出身者の親睦を目的として建設されたものですが、現在は一般利用も可能です。(一部除。)

1階のパブ「セブンズハウス」でペールエールのパイントを開けて、ふらふらと BAR ground line まで歩くのもなかなか気持ちのいい神保町ホッピングです。

経済性と無縁のゆったりしたつくりは「会館」ならでは。
BAR ground line の天井も比較的高い方ですが、さすがにここにはかないません。(当然か・・。)

学士会館:高橋貞太郎設計(新館部分は藤村朗設計)

Posted on 2016-06-13 | Posted in BLOG, 神保町界隈Comments Closed

 

西瓜のカクテル

R00072666月のカクテルに「西瓜のカクテル」が登場。

完熟した小玉西瓜を絞って作る、初夏のカクテルです。
水気をたっぷり含んだ小玉西瓜は、軽くたたいて、きっかけを作ってやると、パカッと見事に割れてくれます。
やっぱり「西瓜割り」ってのは一撃で仕留めるもんなんですね。

もちろんグラスの淵には、西瓜にお決まりの塩付きです。
(でも、実は私は塩は降らない派。)

Posted on 2016-06-06 | Posted in BLOG, DRINKComments Closed