CD

FINEST HOUR / SUBMOTION ORCHESTRA

71hiLlFkcML._SL1400_DJ ならずとも、お店で選曲されている方なら、「おお、盛り上ってるな。今週の最高潮かも。いっちょ、これでもかけてキメるか。」なんて曲のひとつやふたつは用意しているかと思います。

そんな曲の入ったアルバムです。

逆に言えば、そうしょっちゅうかけてるわけにはいかない曲でもあります。いえ、しょっちゅうかけてもいいんですけどね。是非、そうしてください。皆様のお力で。

楽器に脱落した僕が、「ああ、本来ならこんな風にトランペットが吹けるようになっているはずだったのになあ。」というのが⑦と⑩。ちなみに僕のトランペットの原点は「キカイダー01」です。

Label : Exceptional Blue
Country : UK
Released : 2011

Posted on 2019-09-16 | Posted in BLOG, CDComments Closed

 

blue zero one / taxi

41y89caVrXL「カッコいいお店ですね。」と言われると、素直に嬉しいです。「オシャレ」って時流を得たものだと思うのですが、「カッコいい」は極めて個人的な尺度で、時流に左右されないものだと思うからです。

その人が「カッコイイ」と思えば格好いいのです。

僕の思う「カッコイイ」アルバムの一典型。⑦のシンプルな構成と佇まいは、うちのために作られた曲だと勝手に解釈しています。

Label : INFRACom!
Country : Germany
Released : 2001

Posted on 2019-09-02 | Posted in BLOG, CDComments Closed

 

rhythm of life / papik

61WET+z6iZL「オシャレな店ですね。」と言われると、有り難いことなのですが、何となく違和感 があります。何故ならうちの店(僕も含めて)、ちっともオシャレじゃないと思うからです。

「オシャレ」ってその時代の感覚を、絶妙なバランスで組み合わせたときに生まれる、極めて流動性の高いものだと思います。
その点うちの店って、僕が独りでやっている事もあって、イメージが固定しがち。ちょっとそれを打ち破りたいときになどに、たまにかけます。

僕の思う「オシャレ」なアルバムの一典型。ラテンの雰囲気が店に合ってないのか、登場回数はそう多くありません。それでも⑭の爽快感は捨てがたく、つい背伸びしてトレーに載せてしまうのでした。

Label : IRMA RECORDS
Country : Itary
Released : 2009

Posted on 2019-07-29 | Posted in BLOG, CDComments Closed

 

STRUCTURALISM / ALFA MIST

51pTaqNw+BL新譜も旧譜も別け隔てなく入れて行きたいと考えています。
「昔の人を褒めるのは簡単。」と言った方がいらっしゃいましたが、確かに評価の定まっていない新譜は、限られた予算の中でやっていくには、リスキーなのは事実です。
でも、同じ初めて聴くCDなのに、なぜか新譜と解るあの感覚は、大事にしたいところです。

内装の新しさは別にして、入った時に「あ、新しい感覚の店なんだな。」というのも、それに近いのかもしれません。うちの店に来られたお客さんに、「18年目です。」と答えると、「えっ。最近出来たのかと思った。」と言われるのは、新鮮さが保たれていると喜ぶべきか、貫禄不足と嘆くべきか。

Label : Inpartmaint
Country : UK
Released : 2019

Posted on 2019-06-24 | Posted in BLOG, CDComments Closed

 

RALPH TOWNER GARY PEACOCK / A CLOSER VIEW

71eJZlCL9mL._SL1252_「クラシックとかは、かけないんですか?」なんて、たまに聞かれます。
とくにジャンルを限定している訳ではないのですが、今ひとつ店の格が追いついていないような気がして、敬遠しております。(かけている他のアーティストさん達、すみません。)
でも、アコースティックな楽器のみの、シンプルで奥行きの深い、いわゆる「クラシック」的なものを時々かけたくなる事はあります。

繰り返しかけても飽きないのは、やはり「人間のみがなせる業」なのだなと思います。

写真集を集めるように買い集めてしまいそうなECM。このレーベルだけで店が出来てしまいそうで危険です。
大病でも煩ったら、一度じっくり全アルバムを聴いてみたいものです。

Label : ECM Records
Country : Germany
Released : 1998

Posted on 2019-05-13 | Posted in BLOG, CDComments Closed

 

Magnifico / Alex Cortiz

51IPsDZwHdL年末年始のお休みは、どこへも行かず、家でカーテンを閉め切って、映画「マトリックス」三部作を観るのがお決まりです。あちらの世界へどっぽり浸かって、主人公のネオが閉じ込められた、あの地下鉄の駅のように、僕もこちらの世界から隔離してあげます(笑。
トイレ休憩もそこそこに、ぶっ通しで一日中観続けた後、恐る恐るカーテンを開けると、また新年の営業が始まるのでした。

近年は、2日からの営業になってしまったので、なかなかそんなことも出来なくなっています。一年に一度は帰りたいあの世界。「ブレードランナー」以降の僕らは、もはや映像も音楽も、「近未来的なもの」に郷愁を覚える世代なのかもしれません。

Label : Sunswept
Country : Netherlands
Released : 2004

年末年始の営業のご案内

 

Posted on 2018-12-24 | Posted in BLOG, CDComments Closed

 

Everything Under the Sun / NOSTALGIA 77

715vFrzGhFL._SX355_なにぶん小さな店なので、大勢さんなどがご来店になると、どうしても騒々しい雰囲気になってしまう事があります。
そんな時に、少し「落ち着ける」曲を用意しておくと、何かと重宝します。
「そんなので変わるので?」なんて思われるかもしれませんが、かけているこちら側がまず落ち着く事ができるので、それだけでもだいぶ違うと思います。

⑦⑧⑨は騒々しい雰囲気をいっぺんで戻してくれる三連作。大きなボリュームでも決してうるさく感じない曲調は、静かに飲まれている方を包み込んで、騒音から守る効果も。なんて考えてるのはこちらだけ?

Label : TRU THOUGHTS
Country : UK
Released : 2007

Posted on 2018-10-29 | Posted in BLOG, CDComments Closed

 

TOM CAT / LEE MORGAN

41wKy+p8Q2LJazz を聞き始めた頃は、多分にもれずゴリゴリのハード・バップが好きでした。でもだんだん歳をとると、聴くのに体力がいるようになるんですよね(笑。
なんて老け込んではいられません。定期的にカンフル剤として聴く一枚。もう営業中にかけることはないと思いますが・・。

②③はハード・バップの頂点。ハード・バップがスポーツだったんだと認識させてくれます。プレーヤーはさながら五輪のファイナリスト。モーガン、マクリーン、フラーと文句なしの熱い面子。ブレーキーのドラムも決まっていて大変格好ようございます。
(最近、古今亭志ん朝さんのお気に入りだったと知って、尚更愛聴盤になりました。)

Label : Blue Note
Country : USA
Released : 1964

Posted on 2018-08-20 | Posted in BLOG, CDComments Closed

 

VISTA / MARION BROWN

51UVSs-iI2LJazz を聞き始めた頃は、多分にもれずゴリゴリのハード・バップが好きでした。でもだんだん歳をとると、聴くのに体力がいるようになるんですよね(笑。特にお店を始めてからは、お酒と会話の邪魔をしない、比較的ゆったりめのを意識してかけるようになりました。そんな要望に応えてくれるアルバムです。夏の終わりの夕暮れ時なんぞにいかがでしょう。

「Impulse!」 のCD復刻版が出たときに初めて聴きました。「70年代にこんなサウンドがあったんだ。」と即購入。ヒーリングっぽさは当時どう受け止められたかは解りかねますが、今、うちの店では違和感無く鳴っております。

Label : Impulse! Record
Country : USA
Released : 1975

Posted on 2018-08-13 | Posted in BLOG, CDComments Closed